エアコン代で
悩む人必見

主婦も納得!
電気代アップもカバー?!
今すぐできる節約方法とは…

詳細はこちら

【解決】ヘルメットでうねる前髪のふんわり方法【必殺7選・やり方】

~このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。~

髪がボサボサ気まずい女性

自転車に乗る時にヘルメットをつけなさいって。

せっかく朝髪型をセットしても前髪がうねる、終わる、ゴミと化す、、、、

はい、前髪死亡。。。1日何もやる気起きません、、、、ヘルメット嫌い~~~!

なんてなっちゃってませんか?

そこで、ヘルメットを被っても前髪のうねりを回避!前髪復活ワザを紹介!

こんな人におすすめ

前髪がうねるのが嫌でヘルメット被りたくない方
ヘルメット被ったら前髪亡くなる未来しか見えなくて、今から病んでますって方
髪型崩れるし、前髪が「命」なのに、ヘルメットを被る意味が理解できない~~って方
髪型難民、前髪難民、、、、

せっかく朝頑張ってふんわりと前髪をセットしたにもかかわらず、

ヘルメットのせいでうねるなんて辛すぎますよね。

このページでは、いつものスタイリングに簡単に加えられる超簡単ワザから、

ヘルメット脱いでからの前髪完全復活の秘儀までを紹介!

そもそもなんでヘルメット被ると前髪ってうねるの?ってところから解説します。

原因をしっかり理解したら、ヘルメット被る前の仕込みから、スタイリングの応用までを要チェック!

ふんわりサラサラ前髪を完成させます!

この記事で分かること
  • うねらない前髪のために知っておくべき絶対的ルール
    ヘルメットを被る前から戦いは始まっていた?!
  • 知らなきゃ損するうねらない前髪の作り方!必殺7選!
    ・前髪仕込みの秘儀
    ・材料費数百円のお手軽ワザから、
    ・誰でも絶対に前髪をふんわりさせる最終兵器的アイテム紹介!
    ・ヘルメットであえてぺしゃんこ前髪に?⇒綺麗なカールの裏技

誰でも簡単に出来る絶対に前髪をうねらせないステップを徹底解説!

〈誰も教えてくれない?!ダタ同然で入れる自転車保険の入り方〉

うねる前髪の最大の敵はヘルメット内の蒸れだった!

うねる前髪女性

前髪がうねる大きな理由は、ヘルメット内が「蒸れること」です。

ヘルメットを何もせずかぶるのと、髪型をしっかり仕込んでからかぶるのとでは、脱いだ時の髪型が全く変わってきます。

ヘルメット内の蒸れが原因⇒ヘルメットを被ると前髪がうねる

前髪をうねらせないためには、「蒸れを防ぐこと」をしっかりと意識して、先回りして対策をする必要があります。

以下をマスターしてうねらない前髪を作りましょう。

  • ヘルメットをかぶる前にしっかり前髪を仕込む!
  • ヘルメットを脱いでからが勝負!前髪復活ワザ7選!

ふんわり前髪を死守!これを守れば、うねらない前髪へ!

うねる前髪をセットした女性

ヘルメットをして、前髪が崩れる最大の理由は「蒸れる」こと。

この蒸れた時の水分が最大の敵です。

この水分によって、前髪がうねっていきます。

なので、とにかくテーマはヘルメットによる「蒸れを防ぐ」こと。

前髪がどうすると蒸れないのか、を意識して次から「蒸れないための前髪」のために以下を紹介します。

  • 【うねらない前髪のために知っておくべき絶対的ルール】
    前髪をしっかり乾かす
  • うねらない前髪は作れる!必殺7選!
    ①パウダー&あぶらとり紙を徹底活用
    ②充電式アイロン
    ③充電式ドライヤー
    ④充電式コテ
    ⑤ケープとカーラーのみでふんわり前髪
    ⑥充電式ホットカーラー
    ⑦充電式くるくるドライヤー
  • ヘルメット下にヘッドバンドで蒸れ防止
  • うねらせないヘアアレンジ
  • 番外編:自転車途中休憩


それでは1つずつ見ていきましょう!

【うねらない前髪のために知っておくべき絶対的ルール】

前髪をしっかり乾かす

前髪ぺしゃんこな女性

当たり前じゃん!って思ってる方、そう、当たり前の基本的なことがかなり重要なんです。

ヘルメットを被った時に髪型に跡がついてしまう大きな理由は、蒸れて「ヘルメット内に水分がこもる」ことで湿度が高まるためです。

ヘルメット内の水分が登場する原因は、自分の汗か、ヘルメットを被る前の髪の毛の水分

朝、シャンプーをして、しっかり乾かしてない、生乾きの髪の毛は一番跡がつきやすい状態です。

髪に水分と熱が加わることで、

むしろ、「ヘルメットのかたちの跡をつけるためのコンディション」を作ってしまっている、、、

対策としては、前の日にシャンプーを済ませるか、朝髪を洗う場合は、「しっかりと髪の毛を乾かす」こと。

これだけでも大分、ヘルメットの跡がつきにくくなります。

乾ききらない髪のまま、ヘルメットを被る、、なんて厳禁ですよ!

うねらない前髪は作れる!必殺7選! ①パウダー&油とり紙で仕込み&復活!

ヘルメットを被る前⇒フェイスパウダーを仕込む!


ヘルメットを被った時、おでこと前髪が密着しますよね?

ここにフェイスパウダーをのせます。

そうすることで、べたつきを防ぐことができます。

やり方

フェイスパウダーをパウダーをパフにとって、
手の甲でパフとなじませてから、ヘルメットを被る位置、前髪がかかるおでこまわりにのせます。

今持っているフェイスパウダーでOK。

皮脂崩れに強いパウダーやクリアタイプで量をつけても白浮きし難いタイプなどであればなおよしです。

もしフェイスパウダーやルースパウダーがない方は、ベビーパウダーでも代用OK。
(ダイソーやセリアなど100均アイテムや、キャンメイクやセザンヌなど自分の手持ちパウダーがあれば、活用できます)

マットなファンデーションを肌全体に塗っていたり、保湿たっぷりでおでこまで潤わせてます!って方は、ヘルメットを被る時に蒸れやすくなるかも!

ヘルメットと密着するおでこまわりは、いつものファンデーションやしっとり系テクスチャーの化粧品をさけて、「サラサラ」な状態にしておくのがベストです。

ヘルメットを脱いだら⇒前髪をパウダーで抑える!

前髪をパウダーで抑えると、べたついたり、割れる前髪をさらさらにしてくれます!

最初にお伝えしたとおり、最大の敵は「蒸れる」ことです。

普段化粧をする人なら、お昼休みや、夕方以降、お肌がべたついたり、テカリが出た時に「フェイスパウダー」でべたつきを抑えることは多いはず。

このフェイスパウダーの役割は、「皮脂吸着力」によって、皮脂・汗をサラサラにしてくれること。

やり方

パウダーをパフにとって、手の甲でパフとなじませてから、前髪やおでこ、生え際に軽くのせます。
手ぐしなどで前髪を整えて完成!

少量、少しずつを(色がついているパウダーは気を付けてくださいね!)前髪の根本~前髪全体、おでこと一緒にのせていってください。

前髪根元を指先で上下左右に軽くパウダーをなじませてみると、前髪の根元のつぶれたくせが取ることができます。

専用の「前髪パウダー」「前髪リセットパウダー」も商品化されています。

持ってない方は、今持っているフェイスパウダーでOK。

※ヘルメットを被る前に使った仕込み用のパウダーと同じで大丈夫です 以下同文↓
皮脂崩れに強いパウダーやクリアタイプで量をつけても白浮きし難いタイプなどであればなおよし。
フェイスパウダーやルースパウダーがない方は、ベビーパウダーでも代用OK。
(ダイソーやセリアなど100均アイテムや、キャンメイクやセザンヌなど自分の手持ちパウダーがあれば、活用できます)


ヘルメットを脱いだら⇒あぶらとり紙で前髪抑える

あぶらとり紙を知らない方、使ったことがない方も多いかもしれません。

あぶらとり紙は、顔の脂を吸収するために使う、割と昔からあるお化粧直し用のアイテムです。

ヘルメットと密着していた前髪をあぶらとり紙で挟んであげます。

汗でべたついた前髪をサラサラに復活させることができます。

あぶらとり紙はドラックストアで数百円~売っています。

皮脂吸着成分のパウダー配合したものや、吸着・吸収力高いものなど種類が効果が期待できます。

こちらも、「前髪サラサラシート」など、皮脂吸着パウダーが配合されていて、前髪をはさんで使うためのシートもあるので、取り入れてみたい方はお試しください。


うねらない前髪は作れる!必殺7選! ②充電式アイロン

髪型をセットした女性

携帯型、ストレート用ヘアアイロン!!!

ポータブルタイプのアイロン1つあれば、今の前髪の悩み全て解決です。

前髪のための小型のコテや、モバイルバッテリーで充電できるものもあり。

朝使うなら、「すぐ温まる」もので、「しっかりと高温」で使えると前髪をいち早くスタイリングできます。

予算に余裕がある&ヘルメットを外した後、前髪にアイロンをかける時間・場所を確保できる!って方におすすめです。

うねらない前髪は作れる!必殺7選! ③充電式ドライヤー

ドライヤーにコードレスなんてあるの?と思いますよね。実はあるんです。

充電式で、持ち運びができるコンパクトなドライヤーです。

髪の根本の立ち上げからしっかりスタイリングしたい人、更衣室やトイレなどで時間をかけて前髪のお手入れ・お直しが出来る方は、1から前髪作りが可能な一品!

うねらない前髪は作れる!必殺7選!④充電式コテ(カール用アイロン)

手軽に前髪をカールさせたい!ストレート用のヘアアイロンだとうまく出来ない!という方はコレ!

携帯用のコテ(カール用アイロン)です。

相場としては5000円以内のお手ごろなものから、数万円~のコテまで、充電式のアイロンも様々あります。

金額によって何が違うのか?

ポイントは「温度」と「髪の傷みにくさ」。

すぐに一定の高い温度で設定できると、癖づいた前髪も根元からしっかりスタイリング出来ます。

また、毎日使うため、高温のコテを前髪に使い続けるとダメージは大きくなるため、傷みにくい素材だと髪にやさしいです。

うねらない前髪は作れる!必殺7選!⑤材料費は数百円!ケープとカーラー

カーラーつけた女性

コテやアイロンを新しく買う余裕はないよ~!という方で

もし、自転車降りて、ヘルメットを取ってから時間をつくれる・トイレ等にこもれるよ!って人にお勧めなのはコレ!

用意する材料費なんと数百円!!!

用意するもの
  • ケープ(それ以外でもキープできる系スプレー)
  • ヘアカーラー1つ(ドラックストア数百円、100均にもあり)
ケープで前髪復活 ~やり方~
  • 前髪にケープをかけて、ヘアカーラーで前髪をまく
  • ケープが乾くまで数分待つ。
  • 乾いたら、ヘアカーラーをとって、手ぐし(出来ればコーム)で整えて完成。

これは、前髪がまっすぐにつぶれた状態だと、綺麗にカールが作れます。

ポイントは、「ヘルメットを被るときは、前髪を整えてから、まっすぐかぶる」こと。
(ヘルメットに全て前髪が収まる長さ・しまい込む等して前髪をヘルメットではねさせない)

変にカールさせて、ヘルメットの圧で癖がつくよりは、むしろまっすぐぺしゃんこにあえてさせてしまう。

綺麗にぺしゃんこの状態であればあるほど、カールもうまく綺麗につきます。

カーラーの向き等で、カール具合は変わってくるのもポイントです。

うねらない前髪は作れる!必殺7選! ⑥充電式ホットカーラー

上記のケープ&カーラーの応用バージョン。

髪質が太め・カーラーの跡がつきにくい!という方は充電式のホットカーラーがおすすめ。

USBで充電できるタイプが色々ありますよ!

ダイソーでも充電式のホットカーラーは売ってるので、もし見つけたら即買い!な一品です!

カールの太さや巻き時間によって、好みの前髪を作れます!

うねらない前髪は作れる!必殺7選! ⑦ブラシ型アイロン

ホットカーラーよりももっとパワーが欲しい、手軽に速攻で前髪を作りたい!って方はくるくるドライヤーがおすすめ。

ヘアブラシから風が出てくるアイテムなので、片手で楽ちん操作。アイロンやコテは難しそう、、って初心者も◎。

アイロン等と違って「温める時間」は必要なし。

取り出してすぐ使えるので、「この人ヘアセットしてます感」を出さずに「ササっと直す」ことができるので、時間がない、髪の毛をじっくり直す場所を確保できない方におすすめです。

おでこと前髪をくっつけない! ヘルメットバンド・汗取りパット

物理的に、おでこと前髪を話してしまう方法。それがヘッドバンド。

ヘッドバンド⇒スポーツなどするとき本来の使い方は汗を吸収させる、前髪を固定するもの

「自転車のヘルメットで前髪を守るために使うには」
⇒前髪の下に巻く
※厚みがあるタイプだと、前髪に段差がついてしまうので出来れば薄めが良い
(吸水力の高いものほど、生地がしっかりと厚めなので注意!)

数十分間、額の皮脂を前髪につけさせない!が目標なので、そこまで分厚くなくてもオッケー!

なんならバンダナでも大きめのハンカチでも良いから、とにかく前髪とおでこをくっつけない努力をしてみる。

ヘッドバンド本来の機能「汗を吸収する」に加えて、「冷感タイプ」などもありしっかりと蒸れを防げるので、ヘルメット用のヘッドバンドはオススメです。

そんなに汗かいてないよ!って方でも、「ヘルメット内の湿度をいかに下げるか」を極めたいのであれば「ヘルメット用の汗取りパット」を合わせ技としておすすめします。

お洋服のジャケット、シャツなどの汗染み防止に「脇パット」等ありますが、それの「ヘルメット」バージョン。

ヘルメットの内側にシートを貼って、汗を吸収してくれます。
※自分の使っているヘルメットの素材によって、使用できるヘルメット用汗取りパットも異なります

使い捨てタイプなら、衛生的に付け替えもできて安心です。

うねらない前髪のアレンジ・スタイリング

スタイリングとかめんどくさい!元の髪型をうねらないようにさせたい!って人向け。

ヘルメットを被る前と後で前髪の分け目を変える!

前髪を分けている人は、いつもの分け目と反対で、セットしヘルメットを被ります。

ヘルメットを脱いだ時に、分け目を逆にすることで、ふんわりとした前髪にさせることができます。

ヘルメットを被ってもうねらない前髪アレンジ
  • 前髪を編み込み
    【やり方】前髪を少しずつ取り分けながら編み込み。(ヘルメットを脱いだらバレッタなどで留めてみても可愛い。)
  • 前髪をねじって、バレッタで留める
    ↑編み込みムズイよ~って方、とりあえずねじって留めちゃう方法。
  • ポンパドール
    【やり方】前髪を適量をクルクルとねじってピンで固定。
  • オールバック
  • くるりんぱ
  • センターツイストティアラ
    センター分けにして、こめかみ辺りの部分から毛束をねじっていき、ピンで根本へ固定。

くるりんぱ等ボリュームを出したいところは、ヘルメットを被る前はかためずに。

ヘルメットを脱いでから、髪を引き出してあげれば、綺麗にボリュームが出ます。

定番のオールバックや編み込み以外にも、ねじって留めるだけの前髪アレンジがたくさんあります。

お気に入りのピンやバレッタを見つけて、アレンジを楽しむのもアリです!

前髪ウィッグなら一発解決!

手っ取り早く、簡単に今すぐ綺麗な前髪を手に入れたい!
今まで色んなスタイリング剤等試してきたけど、持続性がない!
自分の髪質的に、縮毛・パーマするしかないのは分かってるけど、お金がない!

って方には前髪のみのヘアピース(ウィッグ)がおすすめです。

湿気の多い時期や、汗のかきやすい時期、

セルフコントロールが難しいような季節のみ使ってみるものアリ。

値段も前髪やトップ部分のみのヘアピースは数千円程度~と手に取りやすいので、試してみる価値はありです。

価格            3,480 円[税込]



【番外編】自転車合間に、途中休憩?

ここまで散々、前髪がうねらないために「蒸れさせない、水分を吸着させない、いかにサラサラにするか、、、」をポイントに手法をお伝えしてきました。

そう、ヘルメット内を「蒸れさせない」ことがポイントなんです。

同じヘルメットをかぶるでも、「5分」被るのと、「1時間」かぶるのとでは、前髪の跡の付き方も変わってきますよね。

もし、可能なのであれば、自転車の合間に途中休憩を挟んで、「ヘルメット内の湿度を下げる」時間を設けるのも一つの手。

でも朝の通勤・通学や、待ち合わせ時間のある忙しいときに、何を呑気に休憩だよっ、と思われる方もいらっしゃると思いますので、その方はここスルーでお願いします!

「前髪がうねる原因は、髪が水分を吸ってしまうから」ってのはここまでお伝えしてきた通り。

あわよくば、ドライヤーで乾かしたいですが、そんなこと自転車に乗りながらできるわけなくて。

もし、途中に公園など、「自転車を止めて安全に休憩する場所」があって、「時間の余裕を作れます」って方、

ほんの数分でもヘルメットを脱いで、
少しヘルメット内の空気を入れ替える、
おでこに汗かいていたら抑える、
ヘルメット位置を少しずらして被りなおすと、跡のつき方が変わってくるはずです。
(正規のヘルメットの被り方は、眉毛の少し上らへんまで被るらしいので、あくまでその範囲で!)

ヘルメットを被る前と後で、ポイントをいくつか紹介してきましたが、ヘルメットを被っている最中で、「ヘルメット内の湿度を下げる」ことができると、より蒸れにくくなります。

【無料】元保険販売員が完全公開・頭のいい人の自転車保険の入り方

最後に

ここまで読んでみて、いかがでしたでしょうか。

全てに共通することは「前髪を蒸れさせない、水分・皮脂を吸着させずにサラサラな状態」と作り出すこと。
事前の仕込み&スタイリングでだいぶ変わってくるはずです。

いくつか前髪復活への方法を紹介してきましたが、髪質は人それぞれ。

同じ時間ヘルメットを被っていたとしても、その人の髪質によって跡がつきやすいかつきにくいかは分かれます。

そのため、同じ前髪のお直し時間・お直し方法を実践しても出来上がりは人によって変わってきてしまいます。

髪質の問題もありますが、

ブリーチやダメージで髪表面のキューティクルが開いちゃってます状態だと、ヘルメットの跡がつきやすい可能性があるのも事実。

髪のハリやコシがなくなって傷んでしまってる場合はトリートメントでダメージを修復したり、頭皮のケアを意識。

日頃のお手入れでスタイリングのしやすさは大きく変わってきます。


まとめ

髪がサラサラな女性

いかがでしたでしょうか。

突然のヘルメット宣告、移動に自転車、必需品だよ~って方は驚いた方も多いのでは。

だからといって、「なるべくヘルメットを被る時間を短くしたいから急いで自転車に乗る!」だとおそらく、本当の意味、一応安全のためのヘルメット、、、的なニュアンスからは遠ざかってしまう。。。

「前髪うねるからヘルメット被らない~」だと、

もし万が一事故した時に、仮に被害者だとしても「ヘルメット被っていなかったんだよね!」ってな目線で見られる展開がおそらく予想されます、、、たぶんデメリットが生まれてくるはず、、、

「ヘルメットを被ってない人」の存在が

今でいう車運転してる人が「お酒飲んでた」とか、「シートベルトしてなかった」的なニュアンスに近くなっていくのかも。

よく分からないけどなんか嫌だな~~って感じちゃいますね。

朝の忙しい時間には辛いですが、しっかり準備して前髪を作ってあげると、ヘルメットを被っても崩れない&ふんわりとした前髪で1日過ごすことができます!!!

手間暇はかかりますが、うねった前髪とはおさらばして、ふんわりサラサラ前髪で過ごせるよう頑張りましょう!

おすすめ記事

自転車保険を安くお得に入るための全てを解説↓
【保存版】おすすめ自転車保険の攻略法【超シンプル:たった2つの法則】

おすすめ記事

自転車保険(個人賠償責任保険)の活用事例まとめ↓
【衝撃】iPhoneもswitchも!壊れた時の弁償・修理代なし【やり方解説】