エアコン代で
悩む人必見

主婦も納得!
電気代アップもカバー?!
今すぐできる節約方法とは…

詳細はこちら

知らないと損する!自転車保険・本当の選び方

~このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。~

お金の知識

この記事では、【月に数百円、年数千円かかる自転車保険を実質無料で入ることができる方法と条件】を解説しています。

本記事は、元損害保険代理店にて営業として「自転車保険」を案内・販売していた著者が

実際にお客様に対して「自転車保険を自己負担なく」入っていただいた方法を完全公開します。

自転車に乗る際のネック
  • ヘルメットや装備にお金がかかる
  • タイヤがパンクしたり、自転車購入のお金以外の費用がかかる
  • 毎月の固定出費を抑えたい
  • 毎年更新時期に保険の費用が出費の負担が大きい

という悩みを感じたことがある方は、最後まで読み進めてください。

\オンラインで気軽に相談/
プロに相談する
【保険チャンネル】じゃらん・ホットペッパーを運営するリクルートの保険比較サイトです。

#アフィリエイト広告

以下に心当たりのある方は、要注意!

自転車保険の割合が大きくなりがちな人の特徴
  • とりあえず「自転車保険」と名前がつくものに入ってみた
  • 自転車保険には入っているけど、「実際どんな時に使えるか」分かっていない
  • 「自転車保険ととても似ている保険」の存在を知らない
  • 自転車保険と機能が同じ保険に実は入っているのに、気づいていない

ネット情報やテレビの報道では

  • 自転車乗る人は自転車保険に入らないといけない
  • 義務化だから、努力義務だから、必ず自転車保険に入るべき


といった情報が多く発信されています。

自転車保険を実際に取り扱っていた私から言わせてもらうと、

「圧倒的に情報が足りない、、、」

「何を基準にどう選べば良いのかまで教えてくれたら親切なのに!!」と感じてしまいます。


自転車保険は、自転車の維持費として、自転車に乗り続ける限り発生する費用なので、
乗り続ける限り、出費は増え続けます。

よく分からないまま、払い続ける、それで良いのでしょうか?



いいえ、私はそうは思いません。

確かに、自転車に乗るにあたって、「自転車保険」としての機能が必要なのは事実です。

でも、その入り方・やり方は1つだけではありません。

そのやり方さえ分かれば、携帯代や電気代等々、毎月の支払い金額を増やすことなく、自転車に乗る上で必須な維持費、自転車保険代を負担なく入ることができます。



やり方はいたってシンプル。

月に数百円の出費を抑えて、減らした分で自転車保険をつける

ただそれだけです。



ほんとひと手間を惜しまずに、意識することがとっても大事。


それが

今の保険に同じ機能がないか確認する、他の保険とのバランスを整える

という方法なんです。

\ネットでサクッと解決/
自分の保険を簡単に確認

ただ確認する程度?そんなこといつでも自分でできるし、あまり意味ないのでは?

と感じるかもしれません。


実はこのステップを踏むことができてる人と出来ていない人で、大きな差がついてしまう現実があります。

何より、保険を取り扱っていた筆者としても断言できる「1番確実で、おすすめ」な方法です。

保険選びで節約方法



あなたが自転車を移動手段として使う理由は何でしょうか?


趣味で使ってるから、自分へのご褒美としてリッチに贅沢に楽しみたい!
自転車の維持費にいくらかかっても気にならない!という方であれば

この先を読む必要は無いので、戻っていただいて問題ありません。

ですが、自転車に乗る理由が

  • 交通費を浮かせたい
  • 移動手段にお金を極力使いたくない

だったり、

  • 毎月の出費を抑えるために固定費を見直したい
  • 不必要なお金はなるべく使いたくない

と思っているのであれば、最後まで読む価値はあります。

節約の保険選び

そもそも自転車保険として販売されていて、多くの人が契約しているのにも関わらず、

中身を知らない、分かりずらいと感じてしまう人が多いのはなぜか?

それは、

自転車保険のここが分かりにくい!!
  • 自転車保険と似た保険が販売されていて、分かりにくい
  • 自転車保険の中身が、保険会社によって若干異なる
  • 保険ってそもそも、自転車につけるのか?自分につけるのか?
    自転車の故障 OR 自分のケガ? の違いが難しい


複雑で理解できないまま自転車保険に入ってしまう状況が大きな理由ではないでしょうか。

つまり、

割高な維持費がかかる展開、、、
  • 中身が分からないから、理解しないで入ってしまう
  • 中身が会社ごと異なるから、比較が難しい
  • どこにメインをおいて、保険がついてるのか分からないから、勝手に変更して良いのか分からない

など

自転車購入などのタイミングで
1度選んでしまうと、気軽に変更できないまま、出費を続けてしまうのです。

「よく分からないから、変に変えないでおこう」

また

「お金がかかるなら、入らないでおこう」
「よく分からないことにお金はかけたくないから、自転車保険に入らなくて良いや」

となってしまう状態。

そして
たま~~にいらっしゃる、自転車ちょい乗り程度だから保険いらない派の方。


はい、とってもリスキーなので絶対入ってください!!(とお伝えしたい)。
自転車のペダルに少しでも触れる人はマスト加入です。

とにかく節約志向!分からず変更すると危険?!

節約のために、理解しないまま「自転車保険」変更で大失敗?!

※節約のために、理解しないまま「自転車保険」はずしてしまい、「たぶん他の保険でまかなえるだろう」、と個人の判断で対象にならないケースもあるので、判断は慎重にすべきです


では、自分で変えたら失敗するかもしれないリスクがあるならどうすれば良いのか?

簡単に、安全に、最安で自転車費用を抑えるコツ。

1番効率的に、自転車保険を自分に最適な安さで入るための方法をこのページではご紹介します。



自転車に乗る際の準備として行うべきなのは

とりあえず「自転車保険」の名前がつく保険に入ってみる

よりも

プロ目線で

【今の保険で使える対象に自転車が入るかのチェック】した上で、

他の対象を減らしたりバランス調整して、出費を抑えることです。

自転車保険に費用が大きくかかってしまう理由としては

「自転車保険」という名前の商品に入らなければいけない、

多くの人が当たり前に感じていることです。




なぜなら、テレビのニュースや、自治体からの呼びかけは

皆さん!
「自転車保険」に入ってください。



以上、終わり。

もちろんそれが間違った情報ではなく、正しいアナウンスなのですが、具体的に「どんな自転車保険」に入れば良いのか、詳しい説明までは親切に解説してもらえていません。



無駄なコストをかけずに、自転車に安全に乗るために何が必要だと思いますか?



私がとても重要だと思うのは、


身の回りで保険の対象となるものごとを「自分で」把握しておくこと。


身の回りの保険?
自転車の保険だけ分かれば良いんだけど、、、、

なんて思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実がここがポイントです。




自転車保険に入ろうとする段階で

今の自分がもし事故にあった時、

  • 相手の自転車を壊してしまったら対象になる
  • 自転車に乗っているときのケガは対象になる

など、事前に分かると、どのような自転車保険に入れば良いのか分かります。


ザックリ言ってしまうと、

いつでも、どこでも、どんな時でも、大きな金額が補償される保険
は割高な傾向。

限られたシチュエーションや環境で、必要最低限な補償の保険
は割安な傾向です。

この場合の、保険の対象とは、自転車に限った話ではなく

家族の保険の中に、自分が対象として含まれていないか?

自分自身が学生時代から入っている保険や住んでいる家で入っている保険の内容にどんな対象が含まれているか?

ご自身で、利用頻度やシーンを考え、他に入ってる保険(家や車やケガなど)とミックスしてしまうと、格安で収まるケースが多くあります。

このように、身の回りの保険をしっかりと確認出来ると、「自転車保険」が不要であることが分かる方もいらっしゃいます。

自転車が対象になる内容が含まれていたら、そもそも自転車保険に入らなくても良いですし、部分的に含まれている場合には、足りない内容・中身だけを加えるだけなので、

「自転車保険」単品をそのまま入る費用の半額以下でつけることができます。

これは、私が自転車保険を実際にお客様にご提案してきた際に行ってきたことです。




少し複雑な話ですが、こういった視点で自転車保険選びをすることが、最安・劇的にコスパ良く済ませるコツなんです。

分からない保険を自分で調べて自分だけで解決させる!

素敵な心構えですが、いかんせんお金にかかわることなので、万が一選び方を間違ってしまうと「実は必要な自転車保険入れてなかった、、、」

なんて悲劇に陥る展開が最悪なケース。

そんな事態を避けるために「選び方をプロに相談する」ことをお勧めします。

保険を無料で気軽に相談できるサービスを上手に活用できれば、

毎月・毎年払っている、謎な・よく分からない保険料を整理できるので、

大幅に節約できたり、浮いたお金で我慢していた旅行に行ったり、家電を買えるなんてこともあります。

\分からない!をプロに相談/
自転車保険入ってる?を確認

そのために必要なのが、「あなた個別の支出・出費」を把握、管理するということ。

ネットで検索するだけでは、

一般的にはこうです、、、
標準家庭ではこんなプランです、、、
20代はこの料金、、
30代はこの契約、、、

なんて架空のモデルを参考に自分で比較・計算・判断しないといけません。

そのため、ムダなオプション・特約がついていたり、
使用頻度の低い対象物に保険がついていたり。

結果的に割高な保険料を払うことになってしまいます。

そのリスクを回避きるのが、「保険のプロ」に相談し、今のあなたの家計をくまなく整理してもらうことなんです。

実際に何かしらの保険を契約すれば、保険料としてお金の支払いは必要ですが、

保険に入る前の段階、

「今入っている保険は安いのか高いのか?無駄な補償ついてないか?もっと安くできないのか?」

自分は
自転車保険に既に入っているのか?
補償金額は十分なのか?
何かオプション外して保険料安くならないのか?
安くなった分で自転車保険に入れるのか?

これらの疑問・悩みもサービスを使えば解決の手助け・アドバイスを得ることができます。

オンラインで保険の質問・相談出来るサービスを使うと、
個別でしっかりヒアリングしてくれるので、
あなたの生活・環境ベストな解決案を専門のスタッフが案内してくれます。

自分の保険を確認してみる

保険の確認

保険の相談って怖くない?
  • 保険の相談なんて、押し売りされるんでしょ?
  • いらない保険を勧めて利益を出してるはず!
  • 手数料欲しさに、偏った商品だけアドバイスされるはず!

「保険の案内」と聞くと、こんなイメージをお持ちの方いらっしゃいませんか?

確かに、あなたに必要ない保険を勧められて、断れずに入ってしまったら

それは大きな負担になり、間違いなくそんな保険に入ることはデメリットです。



では保険屋さんは儲けるために誰しも、ムダな商品を押し付けるのでしょうか?



確かに保険を契約することで、保険の代理店に利益が出るのは事実です。

でも、保険に限らず、物を売ってる会社・お店は商品を売ることで利益が出ますよね。



どんなお店でも、店頭の販売員さんは、お客さんが質問することに対して、「無料で」商品の案内や説明をしてくれます。

その販売員さんたちの給料は、実際に商品を購入してくれたお金から出ています。


保険会社も同じように、保険商品が契約され、お客さんからお金が支払われることによって、利益としてお金を得ることができています。


利益を得るため、何でも良いから「高い商品」をみんなに無理やり押し付けるのか?


そんなことしてたら、誰も商品を選びませんし、特に今の時代、金融にかかわるコンプライアンスが一層厳しくなっているので、「いらないものを人におしつける」ような販売をしている会社は淘汰されていきます。



じゃあ自分が望まない保険を勧められたらどうすれば良いのでしょうか?

あなたにとって必要ない保険はきっぱり断る!

その上で
教えて欲しいことをしっかり丁寧に「プロから」教えてもらう!


コツさえつかめば実は難しいことではないんです。

賢い人は無意識に出来ていたり、
堅実な人・お得な情報を逃したくない意識が高い人は利用の多かったりする、「保険のプロへの相談のコツ」。

実際に筆者が保険をお客様へ案内していた経験から、

  • どうやったら不要な保険に入らずに済むのか
  • 自分に必要なこと・教えて欲しいことだけアドバイスしてもらえるのか

ここからは解説していきます。

これさえ分かれば、安心して、何にも惑わされずに「プロへの相談」を活用できますよ。



まず、保険を相談するときに心がけておくべきこと。

大事なのは、あなたに何が必要で、どんな希望があるのかを自分自身でハッキリと意識しておくことです。

心構え
  • 金額はいくらまでしか払わない、と事前に設定する
  • 必要ない保険はどれだけ良さそうでも入らない




まず、保険を相談はそもそも、
あなたの希望・相談したい、という気持ちあってのもの。

あなたの希望なしに、話は前へ進みません。

相談が始まる最初に、ハッキリと

「どんな希望があるのか、何が目的で相談したいのか」

を伝えましょう。

そうすることで、あなたにメリットのある、話を前提として会話がすすんでいきます。



何をどう相談したら良いか分からない。。。

そんな時は「分からない」旨伝えれば大丈夫です。

その時のあなたのゴールは

分からなかったことが、分かるようになる

わかる知識が増えて、商品が見えてくる

商品の種類が分かる

です。



こんな商品が自分には合うんだ!相場の金額はこれくらいだ!



ここまでわかれば、

後はあなたの予算に合った商品を

あなたが選ぶだけです。


「無料の保険相談」をうまく活用している人は

プロのスタッフの優しい説明・案内を十分に自分の理解が出来るまで
「無料で何度も」複数の会社からしてもらい、
最終的に自分好みの商品を選んで契約しています。



押し売りのような一方的な情報や案内には流されず、
自分にメリットのある情報をしっかりと得ることが出来るかがポイント。


ほんの数百円、数千円とはいえ、1度だけしっかり整理してあげれば長期的には数万円、数十万円の節約になるので見過ごせませんよね。

とはいっても、

「初対面の営業の人に相談するのは、どうしても怖い、営業トークで押し付けられそうで不安」

そう感じる方は是非以下を実践してみて下さい。

自分のペースで安心に楽しく保険のアドバイスを受けるための、私がおすすめする事前準備です。

準備すること

聞きたいことを簡単で良いのでスマホでも紙でも、メモしておく


これについて詳しく聞きたい、
自分で調べてみたけど分からなかったので簡単に教えてほしい、
これについて悩んでいるので、クリアになるようにしてほしい、
こんな困ったことがあったので、もう困らないように対策してほしい、、、、

今自分の一番優先させたいことをはっきりさせておくことが大事です。

話が自分の思っている方向に進んでいない、

いろんな話題が出てきて、何を聞きたいのか分からなくなってきた、

そんな時に手元のメモを見返してみて下さい。

もし対面で相手の方が目の前にいる場合は、そのメモを机の見える位置に置いておくことも有効です。

「その商品と〇〇(自分が聞きたかったことこと)は関係ありますか?」

「〇〇が気になる、、、って話は、つまりどうなったんでしたっけ?」


ちょっと極端な例かもしれませんが、

①自分の目的・聞きたいことをクリアにすることを第一優先にする

②その目的が達成できてから、他の話題に入る。

この順番も大切です。



後から

もっとこれを聞きたかった、、、でも途中から話を切り出せなかった。

話を色々聞けたけど、本当は違うことを詳しく聞きたかった、、

など後悔してしまうのは、もったいない。

せっかくあなたの大切な時間を使っているのですから、最大限あなたの希望がかなえられるように活用すべきです。

保険の切り替え変更



プロのスタッフの方に相談して得られるものとは


お金をかけないように、経済的に良かれと思って自転車生活を始めよう!といざ始めてみたら、

初期費用で出費が発生した、、、

毎月、毎年、自転車に乗るために保険料の支払いが負担になっている、、、

家族が多いと、複数人分の自転車保険に入るため、毎年数万円支払ってます、なんて方もいらっしゃるのでは。

タダで乗れるものじゃなかったの~~?自転車って。。。
なんて思っちゃいますよね。

多くの方が、なんとなく必要に迫られて支払っている自転車保険の保険料ですが、

自己負担なく「自転車保険」をつけられた、と感じている人はごく一部です。

なぜなら「自転車保険と自分が対象になっている身の回りの保険」の中身を確認・把握することの難易度が高いから。

それが、プロに無料で相談することで、自分一人では叶わなかった状況整理ができるため、最安で自転車保険を選択することができるのです。

最短で新しい自転車保険へ切り替え

自分で自転車保険を1から調べようとすると、各損害保険など保険会社の商品をネットで調べ、金額などを比較することが必要。

また、自分の保険にもし自転車保険と同様の内容が含まれているかもしれない、と考えてそれを調べようとも、うまく調べられずに時間が経ち、そのうちめんどくさくなって放置してしまう。

結局出費が続くことになります。

しかし、保険のプロの方に相談すると条件さえ合えば最短で新しくコストの低い保険へ切り替えができます。

お金を捨てているかも!?毎月・毎年の出費を見直す!

自転車保険の宣伝や告知の内容を見ると

たった数百円だから安い!

コスパが良い!

月々数百円だからお得!


などのキャッチコピーを見かけることがあります。

しかし、
数百円とはいえ、1年に換算すると数千円。

何年も乗る自転車なら、数万円の出費です。

ですから、この月の固定費の数百円を抑えることが、大きく出費を抑えることになります。

実際、私が対応してきたお客様の中にも

「自転車以外の保険の内容を変更し、費用を抑える」ことが出来たため

自転車保険を新たに加えても毎月の出費が増えない・むしろ安くなった方は多くいらっしゃいます。

プロに分からないことを聞くので簡単

本記事で紹介するように1度自転車保険の入り方・内容を確認することで、

長期的にコストを抑える、節約することができます。

ただ自転車保険を安くする、といっても、

あなたにとって必要な内容になっていなければ意味がありません。

プロに相談してアドバイスをもらうことで、自分の状況を確認し、知識を増やして、間違った選択をせずに選ぶことができます。

プロに相談する

自転車保険以外にも知識を応用できる
一般的な自転車保険

自転車で怪我したら病院代(治療費など)がもらえる保険

自転車に乗っているとき「だけ」のケガした時に助かる

ケガ保険

普段転んだ時・階段から滑って怪我した時も対象 ※自転車以外のケガも対象


↑支払い金額がほぼ一緒なのに、もらえるシーンが限られていたら損ですよね

これも、「自転車保険の中身」を理解して、自分の今の保険と照らし合わせることで

出費を減らす&無駄を見直せる方法です。



自転車保険として販売されている商品は、必要な内容が「セット」になっていて「分かりやすい」ことがメリット。

必要な中身を個別にバラバラと選ぶことは、個人で行うと「難しい」ですが、「安く」なる傾向があります。

プロに相談して良かったこと 

  • 自分では全然気付かないことを知って得をする
  • 複数の保険会社のプランを案内して、選ぶことができる
実際にプロに相談するときに確認すべきこと
  1. 自分の今の保険で「自転車保険」に該当するものがあるか
  2. もし既に「自転車保険と同じ機能を持つ保険」に入っていたら、加入している自転車保険を解約して問題ないのか
  3. 今入っている他の保険で削れるものはないか?安くならないのか?(その分、自転車保険のコストにあてられる)

無料で相談し、今の保険と変更したい条件が合えば

新しい自転車保険の内容で担当の方に準備してもらい

(おそらく初めて希望を伝えたその場ですぐ対応してもらうのは難しいので)

準備出来次第、切り替えの手続きができます。



自転車保険には入ってはいるけど

  • どんな内容なのかよく分からない人
  • 毎月数百円の出費を抑えたい人
  • 更新時期に、自転車保険の支払いがしんどい人

納得できない支払いをどうにか安くするために、どうすれば良いのかをプロ目線で解決に向けアドバイスを無料でもらう、

そして自分がしっかり納得出来たら、手続き。

何よりおすすめな、自分にしっかりマッチした保険を選ぶ最強の方法です。

無料相談を予約する

このページにて紹介した方法での注意点
  • この記事で紹介しているのは「個人賠償責任保険」「傷害保険」を自転車保険の補償内容として他の保険とダブりがないかを見直す方法です
  • 「個人賠償責任保険」が家や車、自転車など2箇所以上につけられている場合、ダブるから外した方が良い、とのネット情報もありますが、保険加入時に「あえてつけている」場合もあるので個人の判断で変更することは筆者はおすすめしません。※1つの補償で足りないことを予測し、あえて個人賠償責任保険を2か所につける方法もあります
  • あなたの保険状況を確認し、不要な保険・補償があればご自身の判断で外すべきですが、継続すべき補償・保険だけの場合は、今の払っている保険料から必ずしも安くなるわけではありません。
このページにて紹介した方法の特徴
  • 毎月の固定費を安くする方法が分かる
  • 難しい知識はいらない、初歩的なことをプロに教えてもらえる
  • 自分の状況・自分に合った最善の方法を比較・アドバイスしてもらえる
  • 毎月の支払っている保険や、自転車保険についての知識がつく
プロに相談することの価値

プロに相談することの価値

1度、自分の身の回りの保険について整理さえできれば毎月の出費をコントロールできます。

何が削れて、何がマストで必要なのか。

自転車でも、家の保険でも車やご自身の保険も

保険会社によって補償内容や「オプション」や「サービス」が異なり、

また細かな説明は「約款」「重要事項」を読み込む必要があるため難解です。

その情報を自分に必要なところだけ簡単にわかりやすく説明してくれるのが

プロ・専門家との相談サービスです。

ご自身の身の回り・環境のことに置き換えて説明・案内されたことを理解さえできれば、

あなたは「最低限自分に必要な保険」が分かった状態になります。

あとは、保険会社でも、保険商品でも、あなたが好きなものを選べば良いだけです。

「何が必要かを理解する」そのための初歩的な知識を得られる場として、プロとの無料相談はとても有効です。

車にのっている人は必ず車の保険に入らなければなりませんし、一人暮らしでも必ず家の保険に入っています。
その保険が何に使えるのか、使えないのか、出来ることと出来ないことを自分で理解しておく必要があります。

たとえば引っ越し当初、不動産屋さんに家の保険を手続きしてもらった場合や

車を買った時にディーラーで契約した車の保険の内容を分からずそのまま入っているよりも

保険の専門家に細かく説明を受け、「どんな補償か」理解して出来ていた方が、いざ「使える」場面で「保険を請求しよう」という意識に自分でなりやすいです。

あなたが何か自転車や、身の回りの保険で比較・検討したいと考えて2〜3日、

あるいはそれ以上の日数をかけググったり、リサーチしようとした情報・知識も

専門家からは5分で回答がもらえたりします。

自分に必要な情報を理解し、自分にとって何が必要かが分かれば、もうあなた自身で迷うことなく自転車保険を選ぶことが出来るようになります。

これは誰に流されてもいけないですし、あなた自身で決めること。

その場ですぐ契約しちゃおう!なんて焦らずに、教えてもらったアドバイスを翌日以降、どうしようかな、とじっくり考えてみてください。

きっと一人で調べて情報を探していた時より多くの情報が知識となっているはずです。

そのうえで、ネットで申し込みをしてもいいし、今の保険のままでも良いです。

大事なのは、「今の自分に必要なことが分かったかどうか」。


実際に保険を使う場面・状況になった時、
誰かが親切に「今のあなた!入ってる保険使えるよ!」

なんて優しく耳元でささやいてくれるなんてことはありません。


もし自分に何かハプニングが起こった時に、すぐ解決できる糸口が自分で分かるかどうか。

その時判断できなくても、「もしかして助けてくれるかもしれないから、問い合わせてみよう!」と気づけるかどうかが何より重要。

今入ってる保険を確認することって、
保険料を安くする、節約できる、だけがメリットじゃないんです。
せっかくお金を払っている保険が、「どんな時に使えて、いくらもらえるか」をあなた自身が理解することがとっても大事。

いざという時、何十万円、何百万円~~を「申請すすれば貰える」権利があるんだよ、ってことを改めておさらいすることが、将来のあなたのためになるんです。

安心の保証
保証とサポート

とはいっても、保険をプロに無料相談を初めて利用するのに不安はありますよね。

高圧的な人が担当スタッフだったらどうしよう

結果的に高い保険を契約させられるのが怖い

全然保険が分からないから、難しいことを説明されても分からない

という考えがよぎるかもしれません。

なので、このサイトで紹介するプロの相談をしてくれる専門家の方が

一定のレベル以上であること

押し売りや無理やりの契約を絶対にしない会社であること

以上2点から、安心して相談・利用できるサービスを選びました。

保険チャンネル

リクルートの保険比較サイト

【保険チャンネル】は、じゃらん・ホットペッパーを運営するリクルートの保険比較サイトです。

保険を知るための情報を多く掲載しています。

また、専門のスタッフへの相談・質問の予約をネットで受け付けており、初心者におすすめ。

無理な勧誘やしつこい営業は行いません。万が一そのような場合には担当のFPを変更することも可能です。

オンライン無料相談を予約する

※なんとなく話を聞いてみたい、というだけでも無料相談を利用するのは問題ありません。

ですが、理想は何でもよいので自分の希望を1つ以上用意して、その自分の希望を判断軸として提案された話やアドバイスを聞くことです。

・今の自転車保険と同じ内容で安いものはあるか?

・今の自転車保険とダブってる補償は自分にあるのか?

・とにかく今より保険料を安くしたい

など。

ただ聞いてみたい、だけだと、

「一方的に勧められた内容を聞いただけだった」

「自分の興味ない内容で無駄だった」

と感じてしまう可能性があるからです。



ここまで【プロに無料相談することで、自転車保険を安くする方法】について案内してきましたが、

もし、あなたが、

固定の出費が月に500円でも1000円でも気にならない

毎月の支払う保険料に不要な費用が含まれていて節約できるとしても、そのままで良い

既に自転車保険の内容は熟知しているので、今更説明は欲しくない

仮に安くなる方法を知っても、新たに解約して、また新しい手続きをするのがめんどくさい

と考えているような方でしたら、相談は不要かと思います。プロからのアドバイスがあっても、お役に立てない可能性が高いです。

ですが、

どうにか毎月の支出を抑えたい!!

月に数百円程度でも、年間数千円、、、トータル出費が数万円安くなるのであれば是非安くしたい!

自転車保険分のコストが、家の保険など他を安くすることで補えるのであれば助かる!

とお考えなら、プロへの相談が十分にお役に立てます。

もし余計な出費として毎月保険を払っていたり、

毎年の自転車保険の更新時期に、ピンとこない保険料の請求を納得いかないまま払っていたりするのは自転車保険の中身をよく選んで、吟味できていないからです。

無料でいろいろ話を聞けるチャンスですから、せっかくならしっかり自分のメリットになるように活用するべき。

コツとしては、相談の一番最初に「これとこれについて聞きたいです!こんな願望があります!」

と自分からはっきり伝えること。

このテーマを解決するための時間にしたい、という意思表示は大切です。

最初に伝えることで、そこからの時間はあなたの希望にそった話を中心に進めていくことができます。

あくまで「相談」なので、質問をたくさんして、

分からないことをなるべく簡単に説明してもらうことが目的だということを忘れずに。

自分でネットで調べて気付かなかった発見や、知らなかった情報をゲットすることが大事です。

1人で未解決のまま、分からないままにして得することはありません。

ですが、最近は保険もネット加入が多く、簡素化が進み「どんな保険なのか」分からず入っている人が多いと思います。

特に自転車保険は対面で誰かに勧められた、というより

突然国から「入りなさい!」と勧められ、

訳も分からず自分で調べて入ってみた、というケースがほとんど。

そのため、実際に必要な補償と照らし合わせて選べていないため、「無駄な出費」となってしまっているパターンが発生してしまいます。

そうならないために、「自分で必要性を理解して選ぶ」

これが出来れば最安で自分の補償を手に入れることができます。

そのために必要なのが「プロ目線の、個人個人にあった適切なアドバイス」です。

対応や品質は保証されたプロからの無料相談なので、安心して利用できます。

是非ページ最後の【無料相談を予約する】をクリック、予約してみてください。

最後に、このページで解説した方法についてまとめます。

この記事が役に立つ人
  • 今より自転車保険の支払いを安くしたい人
  • 他の保険を安くすることで、自転車保険が負担がなくなるならお願いしたい人
  • 自転車保険に入ってはいるけど、他の自分の補償と照らし合わせたことがない人
  • 金額があまり変わらないなら、自転車だけの怪我より、自転車以外の怪我の保険にしたい人
  • 個人賠償責任保険について詳しく聞きたい・確認したい人

保険のプロに相談することで、複雑で分かりにくい細かな内容も丁寧に分かりやすく説明してくれます。

1人だと金額が安い・高いでしか判断できなかった内容も

あなたならこれが良い、と理由・根拠をつけて説明してくれるので勉強になり、自分の知識を深めることができます。

たった1度の相談をきっかけに全ての疑問が解決、
自転車保険の切り替えを早くした分、出費は抑えられる、
無料で相談出来るので、損をしません!

あなたに素敵なサポートがついて、希望通りの相談時間を有意義に活用できることを真剣に願っています。

\オンラインで気軽に相談/

  無料相談を予約する

自由に質問・疑問をぶつけてOK!一から優しく解説してくれます!