エアコン代で
悩む人必見

主婦も納得!
電気代アップもカバー?!
今すぐできる節約方法とは…

詳細はこちら

【発表】無制限でおすすめな自転車保険はローソンの自転車保険【理由も解説】

~このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。~

ローソン自転車保険

自転車保険で無制限の補償を選びたいんだけど、おすすめはどこなのか?

自転車保険を選ぶ際、「無制限」の補償を選ぶことができるかどうかは重要なポイントです。

自転車保険と名前のつく商品は数多くありますが、

個人賠償責任補償が無制限で入れる保険は数に限りがあります。

この記事では、

実際に損害保険代理店にて自転車保険を案内していた筆者が、

「無制限」の補償にこだわり

手軽に入れて、相手への補償を無制限で設定できる自転車保険を紹介します。

無制限でおすすめな自転車保険とは?

無制限で「自転車保険」として売られてる保険は少ない?!

筆者が確認したところ、

保険会社の公式ページで個人賠償責任保険を無制限に設定できる自転車保険は

ローソンの自転車保険とまるごとマモルの2つでした。


自転車保険の入り方

自転車保険に入るために、「個人賠償責任保険」への加入が必要です。

入り方は2つ。

1つ目は個人賠償責任保険だけに入る方法。
単品で入ることができないので、何かしらの保険に「オプションとして」くっつけます。

2つ目は「傷害保険や各種サービス」とセットにして入る方法。
この方法が一般的に「自転車保険」と名付けられた商品で加入するパターンです。

本ページでは、1つ目をオプション系。
2つ目をセット系の自転車保険、と呼んでいきます。

詳しくはこちらで解説しています↓
【最安】安い自転車保険の秘密を暴露【どこで入ると安いか解説】
オプション系・セット系自転車保険のメリット・デメリットを紹介。

本記事では、オプション系の自転車保険を除外し、
保険会社が「自転車保険」等として名前をつけ
個人賠償責任保険やそのほか保険・サービスをセットし
加入案内している商品を選びました。

1番安く個人賠償責任保険に入る方法として、何かしらの保険(損害保険)にオプションとして入ることが有効なため、本サイトではオプション系で自転車保険を用意することをお勧めしています。

ですが、簡単に、手っ取り早く自転車保険に入りたい!

明日自転車に乗るから、今すぐ手続きしたい!

など、安さよりも、
簡単さ・分かりやすさを求める方にはセット系(自転車保険といて保険会社が販売しているもの)がおすすめ。

補償が漏れたり、間違って解約してしまうリスクも少ないです。





セット系の自転車保険が数多く保険会社から販売されていますが、

何を基準に選べば良いのか?



個人的に自転車保険を選ぶ上で、最重要なポイントは

自転車でぶつかった相手への補償額はいくらなのか?

です。



この金額が上限なし、無制限であることに大きな価値があります。

自転車保険でまず最初にチェック!

自転車でぶつかった相手への補償額=無制限が尊い!!!



筆者が2023. 5月時点、保険会社公式サイトで確認できたものの中で、

無制限の補償があるのはローソンの自転車保険と、日本生命のまるごとマモルだけでした。

以下から簡単に商品の概要を説明します↓

無制限で個人賠償責任補償してくれるのはローソンの自転車保険・まるごとマモル

無制限で入れる自転車保険 

商品名会社1か月保険料1年間保険料
ローソンの自転車保険取扱保険会社:
東京海上日動火災保険株式会社取扱代理店:ローソン
約277円3320円
まるごとマモル損害保険引受会社:
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
取扱代理店:
日本生命保険相互会社
約166円1990円

2023.5月時点(筆者が公式サイトを確認できたもの)

無制限で入れておすすめ ローソンの自転車保険は手軽!


コンビニ各社、自転車保険を取り扱っていますが、個人賠償補償を無制限で入れるのはローソンだけ。

自分の怪我補償部分が小さいため、保険料も抑えめ。

自分がケガした時の補償を手厚くしたい場合は、別途傷害保険に入ると良いかもしれません。

注意点として、同じく東京海上日動の取扱する自転車保険に「eサイクル保険(自転車利用者向け保険)」がありますが、ローソンの自転車保険とは別商品だということ。

東京海上日動の取り扱い自転車保険

eサイクル保険(自転車利用者向け保険)⇒月々380円〜、個人賠償責任補償最大1億円(上限有)


ローソンのロッピーから手続きすれば、間違いなくローソンの自転車保険に入れます。

Loppiで入れる保険 自転車保険
ローソンHP↓ (ローソン ロッピーで加入する方法)
https://www.lawson.co.jp/service/hoken_s/hoken_bicycle/

ローソンHP↓ (ネットから加入)
https://www.lawson.co.jp/service/application/hoken/hoken/e-cycle.html

無制限で入れておすすめ 日本生命のまるごとマモルは安い!

メリット:無制限の個人賠償責任保険が1か月訳166円で入れるのは安い!

※1か月百円台で入れる個人賠償責任保険はオプション系で多くありますが、
基本的に上限額が1億円程度。

デメリット:商品名が「自転車保険」となっていないため、ちょっと自転車保険を目的とするなら分かりづらい。
セット系の自転車保険というよりは、「傷害保険」にオプションとして個人賠償責任保険をつけているので、オプション系な感じ。

何より、日本生命の外交員さんからしか契約できないので、
その他の保険代理店やネット等から入れないことが手続きし辛い点。

「まるごとマモル」のためだけに、生命保険の外交員の方と対面で手続き、、、へ壁を感じる方にはデメリットかも。

もしわざわざ自転車保険のために契約するのであれば、
こちらもお得に入れそうな携行品プランが個人的には気になりました。

商品詳細:まるごとマモル↓
日本生命保険相互会社HP
https://www.nissay.co.jp/kojin/shohin/ichiran/sompo.html

パンフレット↓
https://www.nissay.co.jp/kojin/shohin/sompo/pdf/kojin_mamechishiki.pdf

日本生命 資料請求ページ↓
https://www.nissay.co.jp/kojin/shohin/mamoru-request/

まとめ

セット系で手軽に入れるのは自転車保険で相手への補償が無制限なのはローソンの自転車保険。

セット系(どっちかというとオプション系に近い)日本生命の「まるごとマモル」に関しては、

今すぐ手軽に入れる商品ではないものの、相手方へ無制限の補償が選べるので、
今現在日本生命の保険に入ってる人などは、追加で加入すると良いかも。

筆者としては、「自転車保険」と名のつく商品の中で、1番におすすめしたいのはローソンの自転車保険でした。

セット系の自転車保険を選びたい方は是非参考にしてみて下さい。

関連記事

自転車保険を安くお得に入るための全てを解説↓
【保存版】おすすめ自転車保険の攻略法【超シンプル:たった2つの法則】

おすすめ記事

自転車保険(個人賠償責任保険)の活用事例まとめ↓
【衝撃】iPhoneもswitchも!壊れた時の弁償・修理代なし【やり方解説】