エアコン代で
悩む人必見

主婦も納得!
電気代アップもカバー?!
今すぐできる節約方法とは…

詳細はこちら

大学生で自転車はダサい?【結論:むしろモテる/新しい使い方あり】

~このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。~

モテる大学生

学校への通学に、買い物やバイト先までの移動に自転車があると便利ですよね。

でも大学生にもなって自転車に乗っていてダサいんじゃないのか、、、

そんな考えがよぎった方に、「自転車ダサくない説」をこの記事では唱えたいと思います。

むしろ自転車に乗ってるからモテる、自転車に乗りながらケースバイケースで「車」も利用できるサービスをうまく使えば、生活の幅が広がりますよね。

是非参考にしてみて下さい。

大学生で自転車はダサい? 【オシャレな自転車を選べばダサくない】

自転車、と言われてイメージするのは「ママチャリ」。

リーズナブルで使い勝手の良い反面、なんとな~く外見にダサいイメージを持たれがち。

ダサい自転車は嫌だ!自転車に乗って恥ずかしい思いはしたくない!

という方におすすめなのはクロスバイクがおすすめ。

コロナの影響もあって、自転車人口の増えた中、クロスバイクに乗る人も増えています。

名前を聞いたことはあっても、ママチャリと何が違うのかよく分からなかったりしますよね。

そこでこの記事では、オシャレなクロスバイクの選び方を解説していきます。

大学生でもダサくない自転車?クロスバイクって何? 

スピードを出す&山道を上り下りするような「ロードバイク」「マウンテンバイク」を合体させた位置にいるのがクロスバイクです。

ロードバイクやマウンテンバイクは確かにかっこ良いけど、値段が高いし、危なそう。。。

安心してください。

クロスバイクはママチャリよりも「スピードが出やすい」レベルで初心者に優しく、見た目もおしゃれ。

価格も2~3万前後~のため、ママチャリの購入と比べても金額は大きく変わらず、通学や通勤などで普段使いしやすく、手に入れやすいのが大きな魅力です。

クロスバイクはママチャリと比較してオシャレ・スペック高めだけど価格帯はそこまで変わらない

ざっくり目安↓

ママチャリ:1~3万
クロスバイク:2・3万~
マウンテンバイク・ロードバイク:8万~

長距離の移動がママチャリよりも楽で、街乗りに向いているところもメリットですが、何よりポイントが高いのはオシャレなところ。

ママチャリ特有のフレームのアルミ感がなかったり、そのフレーム自体が好みの色を選べる仕様が多いです。

その他にも、グリップやサドル、タイヤのデザインが好みだと人前で乗りたくなってしまうくらい。

自転車で運動すれば、むしろモテる

自転車はとにかく手軽で便利な移動手段ですが、使うだけで「体を鍛えることができる」のも大きなポイント。

太もも、ふらはぎ、お尻や背中・体幹の筋肉をまとめて鍛えてくれるので、

ジムに行ったりマシーンを使うことなく、自然に引き締まった体を手にすることができます。

また、余分な脂肪がついておらず引き締まった身体でいることで、健康的でなおかつ「自己管理のできる人」というイメージも与えることができます。

筋肉のある男性は「たくましく」「頼りがいがある」イメージを与えますし、

女性の手足・ウエストの引き締まった身体のシルエットから女性らしさを感じさせてしまいますよね。

身体を鍛える、そのために運動するとはいっても、筋トレを習慣化して、定期的に続けるのはなかなか難しいこと。

毎日のトレーニング代わりに、メリハリのついた健康的な身体を作るために「自転車に乗る

会社への通勤や、大学への通学に自転車を取り入れてみる。

同時に体が引き締まっていくのは素敵ですよね。

大学生で自転車はダサくない 【結論:コスパの良いクロスバイクを選ぶ】

ダサくない自転車はデザインが大事

中でも今回は、コスパ最強でデザイン性の高いクロスバイクを紹介します。

手軽に乗り始めたい人↓
ブランドにこだわらず、のんびり自転車を楽しみたい!って方におすすめ。

コンパクトで街乗りしやすい↓
高すぎないので、気軽に乗り始められる、お手ごろ価格&シンプルで飽きのこないデザインには、ベーシックカラーがおすすめ。


レトロなデザインがおしゃれ↓
せっかくならママチャリとは違うセンスあるデザイン、なおかつ初心者に優しいのが◎

細身のスチールフレーム↓

自転車だけじゃない、車も? 【大学生におすすめ:新しい使い方】

友達と遊ぶとき、デートや遠出をするときに自転車は使いにくい、、、

という方は、「自転車+車」の選択肢もあり。

大学など通学や、近場の買い物は自転車、週末や旅行などは「車」を使うのもおすすめ。

カーシェアなどで、「使いたいときだけ車を使う」のも便利ですし、

カーリースだと月々10000円~自分の車として自由に車に乗れたりします。

やっぱりわざわざ車を買うとなると、購入時の費用以外に保険や車検等で維持費がかかるもの。

賢い使い方をしてあげると、大きな負担なく車も自転車も、良いとこどりで利用できる合わせ技です。

まとめ

いかがでしたか。

オシャレな自転車でカッコイイ自分に。

お出かけやデートは車でスマートに。

選ぶセンスと、便利を使いこなす賢さで、アップグレードした毎日を送れますよ。

おすすめ記事

自転車保険を安くお得に入るための全てを解説↓
【保存版】おすすめ自転車保険の攻略法【超シンプル:たった2つの法則】

おすすめ記事

自転車保険(個人賠償責任保険)の活用事例まとめ↓
【衝撃】iPhoneもswitchも!壊れた時の弁償・修理代なし【やり方解説】